睡眠薬の基礎知識

睡眠薬の基礎知識を覚えて、正しく睡眠薬を服用しましょう。

睡眠薬の基礎知識を覚えて、正しく睡眠薬を服用しましょう。

睡眠薬の基礎知識を覚えて、正しく睡眠薬を服用しましょう。

睡眠薬の基礎的な知識を得ることは大切です。この薬は種類があります。それぞれ作用時間も違いますし、効果が出るまでの時間も違います。
また、体の状態などによって、この薬は効くけれど、この薬は効かないということもあります。
作用時間についてくわしく説明しましょう。分解されやすい薬は3、4時間で効果がなくなります。対して、分解されにくい9時間以上も効果が続く薬もあります。
作用時間の違いによって、睡眠薬は4つのタイプに分けることができます。

3、4時間で効果がなくなる超短時間作用型、5、6時間で効果がなくなる短時間作用型、そして7、8時間で効果がなくなる中間作用型、9時間以上も効果が続く長時間作用型の4つです。
それぞれ特徴があります。どれが優れているということではありません。超短時間作用型のものは飲んでから30分以内に効果が出ます。なかなか寝付けない入眠障害の人に適したものです。
ですが、3、4時間経つと効果がなくなるため、何度も目が覚める中途覚醒には適していません。長時間作用型のものについては、効果が翌朝まで続きます。朝早くに目が覚める早朝覚醒に対する効果が高いものです。

睡眠薬の基礎知識について

睡眠薬の基礎知識について

ただし、薬の影響が翌日の昼間にも及びます。昼間に眠くなります。自分の睡眠障害の症状に合ったタイプを服薬しましょう。睡眠薬の依存性の依存性を心配する人がいますが、それほど心配する必要はありません。この薬の安全性は高いです。
日本ではベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれるものが主流です。この薬にはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の2タイプがあります。ベンゾジアゼピン系は種類が豊富です。ジェネリックも多いです。
副作用がじゃっかん起こりやすいものですが、ジェネリックなら費用を抑えることができます。非ベンゾジアゼピン系の特徴としては、まず作用時間が短い入眠障害に適したものです。

それから、反跳性不眠の症状が起こりにくいですし、筋弛緩作用も弱いです。反跳性不眠については薬をやめた時に生じる不眠症のことです。
上記のような睡眠薬は睡眠障害の原因を解決するものではありません。睡眠障害の症状を抑えるものですから、服薬をやめればまた眠れなくなります。
睡眠薬で睡眠障害の症状を抑えながら、少しずつ生活習慣などの改善をして、根治しましょう。夜寝る前にお酒を飲む、夜遅くに食事をするなどの生活習慣を改善すれば、睡眠障害は治ります。
寝る前に考え事をするなども良くない生活習慣ですから改善しましょう。