睡眠薬の副作用とは?

睡眠薬の副作用は怖い?一緒に服用してはいけない物もあります。

睡眠薬の副作用は怖い?一緒に服用してはいけない物もあります。

睡眠薬の副作用は怖い?一緒に服用してはいけない物もあります。

精神科や心療内科で処方される睡眠薬には副作用があります。一番良くある副作用は依存性です。長期的に睡眠薬を服用していると脳が薬に慣れており、
睡眠薬がないと眠れなくなる場合があります。そのため睡眠薬がないと眠れないのではないかと考えるようになり、かなり強いストレスを感じるようになります。
そのため自己判断で睡眠薬を辞めてしまうと逆に基本となっている精神的な病気が悪化します。
どうしても内科や外科などの病気の影響で減量しなければならない場合には精神科医の指示通りに減量する必要があります。

次によくあるのが口が渇くという副作用です。特に朝起きた時によく起きます。そのような際には氷水やお白湯などで喉を潤すと回避できる場合がほとんどです。
悪性症候群と言われているかなり危険な副作用もあります。こちらはこちらの薬剤を利用しているとごく稀に起こる副作用です。こちらはかなり高熱がでたり痙攣が起きたりします。
重度になると意識障害が起きたりする場合もあります。こちらの症状が出ると命の危険が出てきます。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

そのため精神科医の指示通りに点滴をして体内に蓄積されている薬剤を薄める必要があります。必要に応じて抗生物質を投与する場合もあります。
こちらの症状が出ないようにするにはポイントがあります。一番大切なポイントですが、精神科医の指示通りに薬剤を服用する事です。
精神科医の指示通りに服用していたら、このような作用はほとんどありません。
しかし精神科医の指示なしで勝手に薬剤を増やしたり減らしたりするとこちらの症状がでる可能性が高くなります。
次に内科や外科などで抗生物質などを処方してもらった時には、必ず精神科医や薬剤師に抗生物質を見せる必要があります。

睡眠導入剤の中には内科や外科などで処方する薬剤と相性が悪い薬剤があります。
精神科医や薬剤師に見せると違う睡眠導入薬に変更するので問題ないですが、万が一忘れてしまうとこのような不快な作用がかなり強く出る可能があります。
最後に柑橘系のフルーツやジュースと一緒に服用してはいけないです。柑橘系のフルーツやジュースには薬剤の作用を強くする成分が含まれています。
柑橘系の中でもグレープフルーツはその傾向が強いです。万が一睡眠導入薬とグレープフルーツを同時に摂取すると悪性症候群などのかなり厳しい症状がでる可能性があります。
そのため柑橘系のフルーツやジュースと一緒に摂取してはいけないです。